24レンタカーが生まれたワケ

24レンタカーは事業者様・お客様の声から生まれました

当社を含むITS総研グループは、全国延べ1,000店舗以上のレンタカー開業や営業サポート、およびコールセンター運営を行ってきました。
その中で伺ってきた、事業者様・お客様からのたくさんの「生の声」から、24レンタカーは誕生しました。

事業者様からのニーズ

格安レンタカー事業を0から立ち上げ、運営を行っていく中で、レンタカーを運営する事業者様からの声をいただく機会が多くありました。

まず多く挙げられたのが、繁忙期の受付対応についてです。
当社がサポートする店舗様の多くは、その多くが主幹事業の傍らレンタカー運営をされていましたが、繁忙期の連休シーズンともなると、出発・返却の手続きに多くスタッフを割かねばならず、主幹事業への影響は避けられませんでした。

これに連動し、スタッフ労働時間の長期化のお悩みも多く頂きました。
通常、営業時間内に返却されたレンタカー車両の点検・清掃をして業務終了となりますが、中には閉店時間を過ぎても車両が返却されないケースがあり、その度にスタッフが残業をしてレンタカー車両の返却を待っているような状況でした。
こうした事態は人件費のコストを圧迫するのみにとどまらず、労働環境の悪化に伴うスタッフの離職を招いていました。
そうした現状から、とにかく人の手のかからない、ローコストなレンタカーを求めるニーズが高まっていました。

お客様からのニーズ

当社直営のコールセンターに寄せられたお客様の声から、利用者目線でのレンタカーに対するニーズも浮かび上がってきました。

多く頂いていたのが、手続きが面倒、手軽に借りたいというご意見です。
既存レンタカーは出発前にスタッフからの注意事項の説明、レンタカー車両の状態確認、操作方法の説明など、多くの手続きが必要で、それを煩わしく感じるお客様が多くいらっしゃいました。

また、多くの店舗は朝8時~夜20時の12時間営業ですが、例えば渋滞を避けるため早朝に出発したいというお声や、時間を気にせずゆっくり帰るため深夜に返却したいというご意見等、時間にとらわれない利用へのニーズも多く寄せられました。
参照:既存レンタカーとの違い

求められているのは「レンタカーの品質+カーシェアの利便性」

上記のようなご意見が多く寄せられていたことから、レンタカーを利用するお客様は、近年広がりを見せているカーシェアリングサービスの利便性を求めていることがわかりました。

一方で、カーシェアは車両ラインナップが限定的であることや、車両が清掃されていないことに不満を感じる方も多く、また事業者から見ても特殊な車載器が必要なことから導入コストが高く、小規模で展開するにはリスクの大きい事業でもありました。
参照:カーシェアリングは高コスト?

そこで、レンタカーの品質を維持しつつカーシェアの利便性を兼ね備え、さらに事業者様が抱える問題も一挙に解決できるような、新たなビジネスモデルを求める声に応え、「24レンタカー」を開発しました。

Mobility as a Service

大都市の交通渋滞、自動車の排気ガス、高齢運転者による交通事故、そんな様々な問題を解決する次世代交通システムとして、MaaS(マース:Mobility as a Service)が今、世界中で脚光を浴びています。

「Mobility as a Service」は、日本語にするとサービスとしての移動となり、バス、電車、タクシー、自転車といったあらゆる公共交通機関を、ITによってシームレスに結びつけ、人々の移動を効率よく繋ぐためのシステムです。

フィンランドを皮切りに、ヨーロッパでは、すでに本格的な取り組みがスタートしています。
日本でも、トヨタやソフトバンクなどが中心となって研究が開始されており、脱マイカーの動きは今後も加速していくと思われます。
そんな中で、マイカー感覚で24時間出発・帰着ができる24レンタカーは、まさに新時代のレンタカーと言えます。

脱マイカーのライフスタイル

CO2など温室効果ガスの排出量をできるだけ減らす低炭素化の取り組みが世界中で始まっています。
平日は公共交通機関を利用し、車に乗るのは週末だけというライフスタイルが定着してきた都市部を皮切りに24時間マイカー感覚で利用できる24レンタカーの需要は今後も高まっていくことが予想されます。
24レンタカーは、事業者・利用者双方からの意見を取り入れた、カーシェアリングを超える“新時代のレンタカービジネス”です。

24レンタカーは事業者様・お客様の声から生まれました

当社を含むITS総研グループは、全国延べ1,000店舗以上のレンタカー開業や営業サポート、およびコールセンター運営を行ってきました。
その中で伺ってきた、事業者様・お客様からのたくさんの「生の声」から、24レンタカーは誕生しました。

事業者様からのニーズ

格安レンタカー事業を0から立ち上げ、運営を行っていく中で、レンタカーを運営する事業者様からの声をいただく機会が多くありました。
まず多く挙げられたのが、繁忙期の受付対応についてです。
当社がサポートする店舗様の多くは、その多くが主幹事業の傍らレンタカー運営をされていましたが、繁忙期の連休シーズンともなると、出発・返却の手続きに多くスタッフを割かねばならず、主幹事業への影響は避けられませんでした。
これに連動し、スタッフ労働時間の長期化のお悩みも多く頂きました。
通常、営業時間内に返却されたレンタカー車両の点検・清掃をして業務終了となりますが、中には閉店時間を過ぎても車両が返却されないケースがあり、その度にスタッフが残業をしてレンタカー車両の返却を待っているような状況でした。
こうした事態は人件費のコストを圧迫するのみにとどまらず、労働環境の悪化に伴うスタッフの離職を招いていました。
そうした現状から、とにかく人の手のかからない、ローコストなレンタカーを求めるニーズが高まっていました。

お客様からのニーズ

当社直営のコールセンターに寄せられたお客様の声から、利用者目線でのレンタカーに対するニーズも浮かび上がってきました。
多く頂いていたのが、手続きが面倒、手軽に借りたいというご意見です。
既存レンタカーは出発前にスタッフからの注意事項の説明、レンタカー車両の状態確認、操作方法の説明など、多くの手続きが必要で、それを煩わしく感じるお客様が多くいらっしゃいました。
また、多くの店舗は朝8時~夜20時の12時間営業ですが、例えば渋滞を避けるため早朝に出発したいというお声や、時間を気にせずゆっくり帰るため深夜に返却したいというご意見等、時間にとらわれない利用へのニーズも多く寄せられました。
参照:既存レンタカーとの違い

求められているのは「レンタカーの品質+カーシェアリングの利便性」

上記のようなご意見が多く寄せられていたことから、レンタカーを利用するお客様は、近年広がりを見せているカーシェアリングサービスの利便性を求めていることがわかりました。
一方で、カーシェアは車両ラインナップが限定的であることや、車両が清掃されていないことに不満を感じる方も多く、また事業者から見ても特殊な車載器が必要なことから導入コストが高く、小規模で展開するにはリスクの大きい事業でもありました。
参照:カーシェアリングは高コスト?

そこで、レンタカーの品質を維持しつつカーシェアの利便性を兼ね備え、さらに事業者様が抱える問題も一挙に解決できるような、新たなビジネスモデルを求める声に応え、「24レンタカー」を開発しました。

Mobility as a Service

大都市の交通渋滞、自動車の排気ガス、高齢運転者による交通事故、そんな様々な問題を解決する次世代交通システムとして、MaaS(マース:Mobility as a Service)が今、世界中で脚光を浴びています。

「Mobility as a Service」は、日本語にするとサービスとしての移動となり、バス、電車、タクシー、自転車といったあらゆる公共交通機関を、ITによってシームレスに結びつけ、人々の移動を効率よく繋ぐためのシステムです。

フィンランドを皮切りに、ヨーロッパでは、すでに本格的な取り組みがスタートしています。
日本でも、トヨタやソフトバンクなどが中心となって研究が開始されており、脱マイカーの動きは今後も加速していくと思われます。
そんな中で、マイカー感覚で24時間出発・帰着ができる24レンタカーは、まさに新時代のレンタカーと言えます。

脱マイカーのライフスタイル

CO2など温室効果ガスの排出量をできるだけ減らす低炭素化の取り組みが世界中で始まっています。
平日は公共交通機関を利用し、車に乗るのは週末だけというライフスタイルが定着してきた都市部を皮切りに24時間マイカー感覚で利用できる24レンタカーの需要は今後も高まっていくことが予想されます。

24レンタカーは、事業者・利用者双方からの意見を取り入れた、カーシェアリングを超える“新時代のレンタカービジネス”です。

【フランチャイズ】24レンタカー 全国FC加盟店募集中
タイトルとURLをコピーしました