24レンタカーのここがすごい

24レンタカーの特徴

24レンタカー最大の特徴は、特許取得済みのレンタカー業務管理システムTMC※1オペレーションシステム ver.1(特許第6842121号)車両の貸出・返却手続きを自動化した機器ARM(特許第5965310号※2)PC・スマホに対応した予約システム、これらのシステムの連携にあります。
独自に開発し、特許を取得したシステムの連動により、レンタカーの24時間ローコストでのセルフ化を実現しました。
24時間営業により早朝/深夜のニーズを確保することで売上アップ、また大きなランニングコストである人件費をセルフ受付で削減、これにより収益性を2倍に高めた勝てるビジネスを展開します。
こちらのページでは、24レンタカーの特徴と、24レンタカーと既存レンタカーとの違いや、24レンタカーとカーシェアリングとの違いについてご説明致します。

※1 Time Management Cloud

※2 アライアンスパートナーによる取得

ARMによる手続きの流れ

ARMの手続きの流れ
YouTube
24レンタカー ご利用方法~帰着処理の手順について

売上の最大化

多くのレンタカー店舗では12時間営業を行っていますが、24レンタカーは特許取得済みのレンタカー業務管理システムTMCオペレーションシステム ver.1と自動貸渡し機ARMの連携によりコストをかけずに24時間営業を可能にしました。
他社の営業時間外である早朝/深夜のニーズを確保し、稼働機会を最大限高めます。

経費の最小化

独自に開発し、特許を取得した業務管理システムとARMによる無人受付により、受付スタッフの配置が不要になることで、レンタカー事業運営の中で大きなランニングコストとなっていた人件費を大幅に削減いたします。
返却された車両の清掃や予約の確認等、最低限の業務で他の事業への影響なく運営することができます。

収益の最大化

営業時間2倍人件費4分の1を実現し、その収益性は既存のレンタカー事業に対して200%!
ローリスク・ローコストながら最大限の収益を獲得できる、新時代のレンタカービジネスです。

※弊社シミュレーションに基づき算出。稼働台数12台/月、稼働年数5年。12時間営業の店舗が24時間営業した場合。

既存レンタカーとの違い

レンタカーは多種多様なブランドが存在しますが、料金が比較的高価ながらも新車を貸し出している新車系レンタカーと、低年式の中古車を安く仕入れ低価格で提供している格安系レンタカーに2極化しているのが現状です。
24レンタカーは、新車系レンタカーの約10%ほど安い絶妙な料金設定としつつ、厳格な本部基準をクリアした高年式の中古車を取り扱うことで品質も維持した、両者の中間に立つ、新たな立ち位置のレンタカーブランドです。

レンタカーに対するニーズ

近年、都市部を中心にカーシェアリングの利用が普及していますが、一方で旅行先での長時間利用色々な車種から使いたい車を選びたい時などに、まだまだレンタカーへの根強いニーズがあります。
貸し出し毎にスタッフにより洗車・清掃されるので、いつ利用しても清潔でキレイな車に乗れる点も人気のひとつです。
その反面、利用前には注意事項の説明や車両のキズ確認など、手続きに煩わしさを感じる方も多く、気軽に日常的な利用がしづらいという声も多く上がっています。
お客様のニーズ 事業者様ニーズ
  • 借りたいけど、手続きが面倒…
  • 朝早く借りられないし、夜遅くも返せない!
  • 利用回数に応じた割引制度が欲しい!
  • 忙しいときの貸出し手続きが大変…
  • 24時間営業なんて、コストも掛かるし無理!
  • アルバイトを募集しても、なかなか採用できない。
レンタカーにカーシェアリングの利便性を加えアップデート!
お客様視点 事業者様視点
  • お客様自身で24時間いつでも出発・返却!
  • PC・スマホでカンタン予約、15分後から出発可能に。
  • 短時間でもOK!カーシェアを超える利便性。
  • 夜間も安心。万全のバックアップ。
  • 予約〜認証、決済、貸渡証発行、貸出・返却まで人手が掛かる手続きを一気に省略。人的コストを削減。
 

車両稼働時間2倍

既にレンタカー事業を展開されている事業者様でも、24レンタカーにされることで下記のメリットがございます。
営業時間が12時間⇒24時間に。=車両稼働時間2倍!
多くのレンタカー事業者様では、8時~20時の営業時間で運営されている店舗がほとんどですが、これをひと月で換算すると、12h×30日=360hとなります。
一方24レンタカーでは、24h×30日=720hとなり、これまでの2倍の時間での営業を行うことが可能となります。

コストメリット

既存のレンタカー事業でも24時間営業自体は可能ですが、当然そこには人件費=コストの問題が発生します。
当社が独自開発した管理システムと、無人貸渡しを実現するARM(自動貸渡機)の導入により、人件費によるコスト問題は見事に解消されます。

貸渡し時におけるリスクヘッジ

ARMのメリットは上記のコストメリットだけではありません。 これまでスタッフがお客様に対し行っていた車両を傷つけてしまった場合の賠償責任等の説明等をARMが代わりに行います。
お客様は画面に表示される内容に「同意する」形式で車両を借りられるため、これまでのように「そんな説明は聞いていない」といったトラブルを避けることができます。

カーシェアリングは高コスト?

 
カーシェアリングはレンタカー事業と異なり、完全に人(スタッフ)が介さずに事業を行うことができますが、そのために国からIT等の活用により車両の貸渡し状況、整備状況等車両の状態を的確に把握しなければならないという規定が定められています。
これにより、カーシェアリングで貸渡しを行う車両には車両状態を遠隔にて把握するためのシステムを搭載しなければならず、システム料は1台当りおよそ初期費用80万円+システムの月額利用料3万円となります。
例えば、5台の車両をカーシェアリングで貸渡す場合、初期投資1年間で80万円×5台+(3万円/月×12ヵ月×5台)=580万円の運営コストが発生するということです。
さらに、保有車両に事故等が発生した場合、代替え車両は同じシステムを搭載した車両でなければならず、他のレンタカー車両を代替え車両として利用する、といったことはできません。
つまり既に予約が入っている車両が動かない場合、他の車両をあてがうことができずにトラブルになる恐れがあるだけでなく、車両が稼動出来ない期間のコストが無駄になるというリスクがあります。

カーシェアリングとレンタカーのデメリットについて

カーシェアリングは会員制で都心を中心に1箇所の駐車場に約2~3台設置されており、24時間利用が可能でその利便性から6時間以内の短期利用が中心の事業です。
カーシェアリングとレンタカーを比較した場合、お客様にとっては以下のようなデメリットがあります。  
カーシェアリングのデメリット レンタカーのデメリット
  • 利用したい時期・時間が他会員と重なり予約が取りづらい。
  • 旅行などの長時間利用では割高になる。
  • 前の利用客が使用した状態での貸渡し。
  • 早朝や深夜など、好きなときに借りて好きなときに返せない。
  • 借りるための店頭手続きが面倒。
また、事業者様にとっては以下のデメリットがございます。
カーシェアリングのデメリット レンタカーのデメリット
  • 車両の維持費がかかる。
  • 少ない台数では収支が合わない。
  • 車両が事故などで動かなくなると替えがきかない。
  • 忙しい時の貸渡し手続きが大変。
  • 営業時間を延ばすとその分人件費等のコストがかかる。
24レンタカーは、こんなお悩みを一挙に解決します!
24レンタカーのメリット!
お客様視点 事業者様視点
  • 完全24時間利用可能。
  • 手続きが簡単ですぐ出発できる。
  • 長時間利用でも安い。
  • 車の予約が取りやすい。
  • 常に車内が綺麗な状態で借りられる。
  • 人の手が掛からない。
  • 車両の維持費がカーシェアリングと比べると非常に安価。
  • 代替車両の手配が簡単。
 
ATMみたいなレンタル機でお気軽セルフ出発

24レンタカーの特徴

24レンタカー最大の特徴は、特許取得済みのレンタカー業務管理システムTMC※1オペレーションシステム ver.1(特許第6842121号)車両の貸出・返却手続きを自動化した機器ARM(特許第5965310号※2)PC・スマホに対応した予約システム、これらのシステムの連携にあります。
独自に開発し、特許を取得したシステムの連動により、レンタカーの24時間ローコストでのセルフ化を実現しました。
24時間営業により早朝/深夜のニーズを確保することで売上アップ、また大きなランニングコストである人件費をセルフ受付で削減、これにより収益性を2倍に高めた勝てるビジネスを展開します。
こちらのページでは、24レンタカーの特徴と、24レンタカーと既存レンタカーとの違いや、24レンタカーとカーシェアリングとの違いについてご説明致します。

※1 Time Management Cloud

※2 アライアンスパートナーによる取得

ARMによる手続きの流れ

ARMの手続きの流れ
YouTube
24レンタカー ご利用方法~帰着処理の手順について

売上の最大化

24時間営業 営業時間2倍多くのレンタカー店舗では12時間営業を行っていますが、24レンタカーは特許取得済みのレンタカー業務管理システムTMCオペレーションシステム ver.1と自動貸渡し機ARMの連携によりコストをかけずに24時間営業を可能にしました。
他社の営業時間外である早朝/深夜のニーズを確保し、稼働機会を最大限高めます。

経費の最小化

無人化 人件費1/4!独自に開発し、特許を取得した業務管理システムとARMによる無人受付により、受付スタッフの配置が不要になることで、レンタカー事業運営の中で大きなランニングコストとなっていた人件費を大幅に削減いたします。
返却された車両の清掃や予約の確認等、最低限の業務で他の事業への影響なく運営することができます。

収益の最大化

収益の最大化 営業利益およそ2倍営業時間2倍人件費4分の1を実現し、その収益性は既存のレンタカー事業に対して200%!
ローリスク・ローコストながら最大限の収益を獲得できる、新時代のレンタカービジネスです。

※弊社シミュレーションに基づき算出。稼働台数12台/月、稼働年数5年。12時間営業の店舗が24時間営業した場合。

既存レンタカーとの違い

レンタカーは多種多様なブランドが存在しますが、料金が比較的高価ながらも新車を貸し出している新車系レンタカーと、低年式の中古車を安く仕入れ低価格で提供している格安系レンタカーに2極化しているのが現状です。
24レンタカーは、新車系レンタカーの約10%ほど安い絶妙な料金設定としつつ、厳格な本部基準をクリアした高年式の中古車を取り扱うことで品質も維持した、両者の中間に立つ、新たな立ち位置のレンタカーブランドです。

レンタカーに対するニーズ

近年、都市部を中心にカーシェアリングの利用が普及していますが、一方で旅行先での長時間利用色々な車種から使いたい車を選びたい時などに、まだまだレンタカーへの根強いニーズがあります。
貸し出し毎にスタッフにより洗車・清掃されるので、いつ利用しても清潔でキレイな車に乗れる点も人気のひとつです。
その反面、利用前には注意事項の説明や車両のキズ確認など、手続きに煩わしさを感じる方も多く、気軽に日常的な利用がしづらいという声も多く上がっています。  
お客様のニーズ 事業者様ニーズ
  • 借りたいけど、手続きが面倒…
  • 朝早く借りられないし、夜遅くも返せない!
  • 利用回数に応じた割引制度が欲しい!
  • 忙しいときの貸出し手続きが大変…
  • 24時間営業なんて、コストも掛かるし無理!
  • アルバイトを募集しても、なかなか採用できない。
24レンタカーは、こんなお悩みを一挙に解決します!
お客様視点 事業者様視点
  • お客様自身で24時間いつでも出発・返却!
  • PC・スマホでカンタン予約、15分後から出発可能に。
  • 短時間でもOK!カーシェアを超える利便性。
  • 夜間も安心。万全のバックアップ。
  • 予約〜認証、決済、貸渡証発行、貸出・返却まで人手が掛かる手続きを一気に省略。人的コストを削減。
 

車両稼働時間2倍

既にレンタカー事業を展開されている事業者様でも、24レンタカーにされることで下記のメリットがございます。
営業時間が12時間⇒24時間に。=車両稼働時間2倍!
多くのレンタカー事業者様では、8時~20時の営業時間で運営されている店舗がほとんどですが、これをひと月で換算すると、12h×30日=360hとなります。
一方24レンタカーでは、24h×30日=720hとなり、これまでの2倍の時間での営業を行うことが可能となります。

コストメリット

既存のレンタカー事業でも24時間営業自体は可能ですが、当然そこには人件費=コストの問題が発生します。
当社が独自開発した管理システムと、無人貸渡しを実現するARM(自動貸渡機)の導入により、人件費によるコスト問題は見事に解消されます。

貸渡し時におけるリスクヘッジ

ARMのメリットは上記のコストメリットだけではありません。 これまでスタッフがお客様に対し行っていた車両を傷つけてしまった場合の賠償責任等の説明等をARMが代わりに行います。
お客様は画面に表示される内容に「同意する」形式で車両を借りられるため、これまでのように「そんな説明は聞いていない」といったトラブルを避けることができます。

カーシェアリングは高コスト?

カーシェアリングはレンタカー事業と異なり、完全に人(スタッフ)が介さずに事業を行うことができますが、そのために国からIT等の活用により車両の貸渡し状況、整備状況等車両の状態を的確に把握しなければならないという規定が定められています。
これにより、カーシェアリングで貸渡しを行う車両には車両状態を遠隔にて把握するためのシステムを搭載しなければならず、システム料は1台当りおよそ初期費用80万円+システムの月額利用料3万円となります。
例えば、5台の車両をカーシェアリングで貸渡す場合、初期投資1年間で80万円×5台+(3万円/月×12ヵ月×5台)=580万円の運営コストが発生するということです。
さらに、保有車両に事故等が発生した場合、代替え車両は同じシステムを搭載した車両でなければならず、他のレンタカー車両を代替え車両として利用する、といったことはできません。
つまり既に予約が入っている車両が動かない場合、他の車両をあてがうことができずにトラブルになる恐れがあるだけでなく、車両が稼動出来ない期間のコストが無駄になるというリスクがあります。

カーシェアリングとレンタカーのデメリットについて

カーシェアリングは会員制で都心を中心に1箇所の駐車場に約2~3台設置されており、24時間利用が可能でその利便性から6時間以内の短期利用が中心の事業です。
カーシェアリングとレンタカーを比較した場合、お客様にとっては以下のようなデメリットがあります。  
カーシェアリングのデメリット レンタカーのデメリット
  • 利用したい時期・時間が他会員と重なり予約が取りづらい。
  • 旅行などの長時間利用では割高になる。
  • 前の利用客が使用した状態での貸渡し。
  • 早朝や深夜など、好きなときに借りて好きなときに返せない。
  • 借りるための店頭手続きが面倒。

また、事業者様にとっては以下のデメリットがございます。

カーシェアリングのデメリット レンタカーのデメリット
  • 車両の維持費がかかる。
  • 少ない台数では収支が合わない。
  • 車両が事故などで動かなくなると替えがきかない。
  • 忙しい時の貸渡し手続きが大変。
  • 営業時間を延ばすとその分人件費等のコストがかかる。
24レンタカーは、こんなお悩みを一挙に解決します!
24レンタカーのメリット!
お客様視点 事業者様視点
  • 完全24時間利用可能。
  • 手続きが簡単ですぐ出発できる。
  • 長時間利用でも安い。
  • 車の予約が取りやすい。
  • 常に車内が綺麗な状態で借りられる。
  • 人の手が掛からない
  • 車両の維持費がカーシェアリングと比べると非常に安価。
  • 代替車両の手配が簡単。
 
ARMみたいな機械でお気軽セルフ出発!
【フランチャイズ】24レンタカー 全国FC加盟店募集中
タイトルとURLをコピーしました