開業について

開業プランについて

24レンタカーの加盟金は45万円からとなっております。
加盟金を含む初期費用は、開業後の人件費コスト削減により、最短およそ4ヶ月の営業で回収が可能です。
詳しくは運営シミュレーションをご覧ください。
開業後にかかる費用としては、月額のロイヤリティ(定額)+貸渡回数に応じた稼働手数料が発生します。
詳しくはお問合せフォームよりお問合せ下さい。

1stステージ(1〜6台)
稼働率の高い軽自動車・コンパクトクラスに絞った6台までのプランです。
2ndステージ(7〜12台)
1stステージのラインナップに、軽ハイトワゴンなどの小型商用車を追加したプランです。
3rdステージ(13〜18台)
2ndステージのラインナップに、輸入車、ミニバン、アウトレットクラスを追加したプランです。
4thステージ(19台〜)
3rdステージのラインナップにバン・トラックなどの大型商用車を追加したプランです。

※一次募集 2021年8月現在

スタートキットについて

24レンタカー開業時に必要なツール一式をスタートキットとしてセット化しています。
・個人情報保護方針B2パネル
・貸渡約款B2パネル
・レンタカー料金表B2パネル
・ARM利用案内B2パネル
・車両点検チェックシート
・店舗スタンプ
・リーフレット設置スタンド
・のぼり、竿&ウェイト
・車載ご利用ガイド
・ダッシュボード用ステッカーセット
※参考例
法律で店内に掲出が義務付けられているパネル類や貸出車内に設置していただくご利用ガイドなど、これさえあればいつでも24レンタカー開業が可能です。

運営シミュレーション

1stステージ

6台の場合

レンタカー事業者として乗用車を10台以上取り扱うには、整備管理者を配置する必要があります。
そのため、今まで自動車関係の事業に携わっていなかった事業者様につきましては、まずは稼働率の高い軽自動車・コンパクトクラスのレンタカー6台からのスタートをお勧めしています。
その後、2年間の自動車の整備・点検の実務経験と運輸局の研修を修了することで、整備管理者の資格を有することができ、10台以上のレンタカー車両を導入することが可能です。
最初の2年間は台数に応じた売上を維持しつつ、その間に近隣への周知や社内のオペレーションを確立し、3年目から増車を重ね飛躍的に売上を伸ばすことが期待できます。

※整備管理者について:自動車の点検・整備に関する2年の実務経験を持つか、一級~三級整備士が在籍している(整備管理者の資格を有する)事業者でなければ、10台以上のレンタカー運用は認められていません。

2ndステージ

12台の場合

取り扱う車両台数が増えると、その分どうしてもレンタカー車両の洗車・清掃や管理に時間・人手がかかるようになります。当社では、現在の主幹事業に影響なく24レンタカーを運用していく場合、車両台数は12台程度が適正と考えています。
稼働率の高い軽自動車・コンパクトカーに加え、商用車もラインナップに加えることでビジネス利用の顧客を取り込むことができます。
このケースでは、現在お持ちの事業の売上はそのままに、レンタカー事業の売上を最大限確保することが可能です。
人件費などの経費圧迫を極力抑え、大きく利益を獲得することができるケースとなります。

3rdステージ

18台の場合

車両の台数が増えてきた場合は、独立店として稼働率の低い時間帯にレンタカー車両の点検時刻を設定し、スタッフの勤務時間にとらわれない効率的な運用を図ることで、さらなる高収益を目指すことが可能です。
このケースでは、上記の定番ラインナップに加え、輸入車レンタカーを追加することで、特別な体験を求める新たな顧客層の獲得を目指します。
輸入車でも国産コンパクトカー等と変わらない価格帯の料金クラスもございますので、憧れの輸入車にリーズナブルな価格で乗ってみたいというお客様に対し、強い訴求力が期待できます。

※立地・商圏により異なります。

4thステージ

19台以上の場合

レンタカー事業は車両台数が多いほど売上・利益を確保できるため、当社としては取り扱い車両20台を基準モデルとして設定しています。
土地・人員の確保に問題がなければ、総数20台のレンタカーの中から地域の需要や販売戦略を元に導入車両を選定し、開業することをお勧めしています。
稼働率の高い軽乗用車やコンパクトカーはもちろん、大人数が乗れるワゴンやいざという時に便利なバン・トラック、さらに格安系レンタカー利用者の流入を狙いリーズナブルなアウトレットクラスなどを設定することで、幅広いニーズに応え顧客を取りこぼさずに収益を上げられます。

開業プランについて

24レンタカーの加盟金は45万円からとなっております。
加盟金を含む初期費用は、開業後の人件費コスト削減により、最短およそ4ヶ月の営業で回収が可能です。
詳しくは運営シミュレーションをご覧ください。
開業後にかかる費用としては、月額のロイヤリティ(定額)+貸渡回数に応じた稼働手数料が発生します。
詳しくはお問合せフォームよりお問合せ下さい。

1stステージ(1〜6台)
稼働率の高い軽自動車・コンパクトクラスに絞った6台までのプランです。
2ndステージ(7〜12台)
1stステージのラインナップに、軽ハイトワゴンなどの小型商用車を追加したプランです。
3rdステージ(13〜18台)
2ndステージのラインナップに、輸入車、ミニバン、アウトレットクラスを追加したプランです。
4thステージ(19台〜)
3rdステージのラインナップにバン・トラックなどの大型商用車を追加したプランです。

※一次募集 2021年8月現在

スタートキットについて

24レンタカー開業時に必要なツール一式をスタートキットとしてセット化しています。

  • 個人情報保護方針B2パネル
  • 貸渡約款B2パネル
  • レンタカー料金表B2パネル
  • ARM利用案内B2パネル
  • 車両点検チェックシート
  • 店舗スタンプ
  • リーフレット設置スタンド
  • のぼり、竿&ウェイト
  • 車載ご利用ガイド
  • ダッシュボード用ステッカーセット

※参考例

法律で店内に掲出が義務付けられているパネル類や貸出車内に設置していただくご利用ガイドなど、これさえあればいつでも24レンタカー開業が可能です。

運営シミュレーション

1stステージ

6台の場合

レンタカー事業者として乗用車を10台以上取り扱うには、整備管理者を配置する必要があります。
そのため、今まで自動車関係の事業に携わっていなかった事業者様につきましては、まずは稼働率の高い軽自動車・コンパクトクラスのレンタカー6台からのスタートをお勧めしています。
その後、2年間の自動車の整備・点検の実務経験と運輸局の研修を修了することで、整備管理者の資格を有することができ、10台以上のレンタカー車両を導入することが可能です。
最初の2年間は台数に応じた売上を維持しつつ、その間に近隣への周知や社内のオペレーションを確立し、3年目から増車を重ね飛躍的に売上を伸ばすことが期待できます。

※整備管理者について:自動車の点検・整備に関する2年の実務経験を持つか、一級~三級整備士が在籍している(整備管理者の資格を有する)事業者でなければ、10台以上のレンタカー運用は認められていません。

2ndステージ

12台の場合

取り扱う車両台数が増えると、その分どうしてもレンタカー車両の洗車・清掃や管理に時間・人手がかかるようになります。当社では、現在の主幹事業に影響なく24レンタカーを運用していく場合、車両台数は12台程度が適正と考えています。
稼働率の高い軽自動車・コンパクトカーに加え、商用車もラインナップに加えることでビジネス利用の顧客を取り込むことができます。
このケースでは、現在お持ちの事業の売上はそのままに、レンタカー事業の売上を最大限確保することが可能です。
人件費などの経費圧迫を極力抑え、大きく利益を獲得することができるケースとなります。

3rdステージ

18台の場合

車両の台数が増えてきた場合は、独立店として稼働率の低い時間帯にレンタカー車両の点検時刻を設定し、スタッフの勤務時間にとらわれない効率的な運用を図ることで、さらなる高収益を目指すことが可能です。
このケースでは、上記の定番ラインナップに加え、輸入車レンタカーを追加することで、特別な体験を求める新たな顧客層の獲得を目指します。
輸入車でも国産コンパクトカー等と変わらない価格帯の料金クラスもございますので、憧れの輸入車にリーズナブルな価格で乗ってみたいというお客様に対し、強い訴求力が期待できます。

4thステージ

19台以上の場合

レンタカー事業は車両台数が多いほど売上・利益を確保できるため、当社としては取り扱い車両20台を基準モデルとして設定しています。
土地・人員の確保に問題がなければ、総数20台のレンタカーの中から地域の需要や販売戦略を元に導入車両を選定し、開業することをお勧めしています。
稼働率の高い軽乗用車やコンパクトカーはもちろん、大人数が乗れるワゴンやいざという時に便利なバン・トラック、さらに格安系レンタカー利用者の流入を狙いリーズナブルなアウトレットクラスなどを設定することで、幅広いニーズに応え顧客を取りこぼさずに収益を上げられます。

【フランチャイズ】24レンタカー 全国FC加盟店募集中
タイトルとURLをコピーしました